大阪市阿倍野区の内科・皮膚科・放射線科・在宅往診訪問

コラム

第38回:花粉症 2014

寒さも一段落、徐々に春らしさが感じられるようになりました。
しかし、一方では今年も花粉症のシーズンに本格的突入です。

では、気になる今年の近畿地方の飛散予測ですが、大量飛散した昨年よりは少なくなるようです。ただ、例年比(過去10年の平均値)の130%という予測であり油断はできませんね。

花粉症 2014

一般的に花粉症というとスギだけのイメージがありますが、実は約60種類の植物があるため一年中花粉症に悩まされる方も少なくありません。下記の図を参考にしていただき、時期を問わず症状が認められる場合はスギ以外のアレルギーかもしれませんので注意して下さい。

花粉症 2014

あと、PM2.5が今年も問題になっていますが、花粉と結合して呼吸器系疾患を起こす可能性も依然として指摘されており、昨年に引き続き注意が必要です。

最後になりましたが、今年は寒さが長引いたため花粉の飛散が例年より長くなるようです。予防を徹底していただき、必要に応じて薬物治療を行いシーズンを乗り切って下さい。

バックナンバー »

よくわかるシリーズ

twitter / onoda_clinic

home +

hatsumo-web.jp