大阪市阿倍野区の内科・皮膚科・放射線科・在宅往診訪問

プラセンタ療法

プラセンタ療法とはヒトの胎盤より抽出された成分(多数のアミノ酸やタンパク質、ビタミンなど)を注射する事で、新陳代謝や血行を促進し、免疫力や自己治癒力を高める療法です。
一般的に、以下の症状に効果的と報告されています。

アトピー性皮膚炎、にきび、しわ、肌荒れ、乾燥肌、アレルギー性鼻炎、生理不順、冷え性、更年期障害、腰痛症、肩こり、関節痛、胃腸の不調、肝障害、自立神経失調症、アンチエイジング

プラセンタ療法が日本に入って50年ほどたちますが、重篤な副作用は1例も報告されておりません。なお、当院では厚生省が認可している『ラエンネック』と『メルスモン』を使用しております。

『ラエンネック』と『メルスモン』

健康管理や美容などは保険適応外になりますが、更年期障害及び肝障害につきましては、保険適応となる場合もありますので医師とご相談ください。

ご不明な点につきましては、お気軽にスタッフまでお問い合わせください。

よくわかるシリーズ

twitter / onoda_clinic

home +

hatsumo-web.jp